• お問い合わせ
  • Facebook
鹿島 自然・公園

北条鹿島

かつての河野氏が活躍した歴史が自然とレジャースポットとして人気島

松山市北条の西方海上400mに浮かぶ、周囲1.5km、標高113.8mの鹿島。
名前の通り鹿島には鹿が生息しており、緑の木々が覆う自然豊かな島です。桜や新緑など季節を感じ、400m続く白砂の鹿島海水浴場や釣り、山頂の展望台の見晴らしなど四季折々の楽しみ方があります。別名「伊予の江の島」と呼ばれ、1956年5月に国立公園に、2014年に恋人の聖地サテライトに認定され、新しいデートスポットとなりました。展望台には「幸せの鐘」を、展望台の足下には縁結びの祠にあった石を移動し夫婦岩の見渡せる場所に設置されています。

鹿島へは北条港から市営の渡船が20分(11〜3月は30分)置きに運航していて、往来がとても便利です。モニュメントの鹿がシンボルの渡船で約3分渡れ、松山出身のタレント「友近」のアナウンスが流れます。また鹿島を1周できる周遊船は、1部通行止めとなっている場所も見られ、2名から運航し約30分の鹿島遊覧が楽しめます。

鹿島側の渡船場近くには、案内所・売店・かしまーる(博物館)・鹿園など各種施設が集合。南側の公園では5月になると咲き誇るフジがあり、その前には鹿島休憩所があります。また海の上に迫り出した「太田屋旅館鹿島店」(4月〜11月上旬営業)は宿泊もでき、松山の郷土料理である鯛めしも味わえ、他にも2013年にオープンした「海とCafe」kashimaは交流の場所として利用でき簡単な飲食を提供するなど様々な施設があります。

斉明天皇が鹿島の頂上で戦勝を祈願した神話も残る鹿島は、瀬戸内で活躍した河野氏の海上拠点の1つであったと言われ、古い歴史がある島です。フーテンの寅さん役でおなじみの渥美清さんも愛したという話しは有名で、自然溢れ歴史を感じさせる中、釣りや海水浴などレジャースポットとしても人気があります。

詳細情報

住所愛媛県松山市北条辻1596
料金大人往復運賃 210円
子ども(小学生以下)往復運賃 110円
高齢者往復運賃(65歳以上) 110円
団体割引(15名以上) 3割引
障がい者 5割引
年間パスポート 6300円
駐車場約60台(7時半〜22時:510円/17〜翌8時半:570円)※普通・軽自動車は運転手1名の渡船料含む

関連ページ

● 周辺の食べる・お土産スポット

● 周辺の見る・体験するスポット

一覧に戻る