• お問い合わせ
  • Facebook

見る・体験する

地元ならではのおすすめスポットが満載!
睦月島(むづきじま)
mudukijima

瀬戸内海の西部の中心近くにあり、港に寄り集まるように集落、東海岸には「長屋門」と呼ばれる立派な門構えの家が並び、かつて島で栄えた行商の面影が濃く残っています。島の東西にある2つの山を”8の字”に回る「睦月のスカイライン」からの眺めは絶景であり、西には約9kmの島四国八十八ヶ所、東には約7kmの西国三十三ヶ寺があり、多くの方がミニ巡礼の島歩きに訪れます。樹齢300年を超える「夫婦楠」や歩いて渡ることができる梅の子島など、見どころが多くあります。
明治頃に最盛期を迎えた「睦月の縞売り」と呼ばれた反物行商は、全国にその足跡を残しましたが、現在は山の斜面に広がるみかんやレモンなどの柑橘類が中心となっています。

【アクセス】
■フェリー 三津浜港〜睦月港(45分)
高浜港〜睦月港(30分)
■高速船
高浜港〜睦月港(18分)
フェリー情報:中島汽船株式会社
航路情報はこちら

【その他】
宿泊施設はありませんが、睦月島公民館に予約で宿泊可能です。
食料品などのお店が、睦月港付近にあります。また自動販売機は、楠商店街前の1ヶ所のみです。

  • テーマ:[その他]
  • エリア:[睦月島]

データが見つかりませんでした。
「テーマ・エリア」を変更してください。