• お問い合わせ
  • Facebook
興居島 社寺

弁財天神社

福徳・諸芸能上達の神が海を見守る

興居島にある由良港前の道を東方向に行くと、海に突き出した道の奥に「弁財天神社」があります。
七福神中の紅一点、琵琶を弾く妖艷な姿で現される弁財天(弁才天とも書く)は福徳・諸芸能上達の神として広く信仰されています。
白い鳥居とこじんまりとした社は、青い海の横にあり、とても島らしい神社です。毎年1月7日の縁日は近所の人や子どもたちで賑わいます。

大黒天と同様、弁才天のルーツは古代インドの水の神サラスヴァーティーです。
「人々に弁才、無尽の智恵、財宝、延命」を与え、さらに「悪夢・邪気・呪術・鬼神などの人を惑わすものどもを排除し、病苦や疾病、闘争などからも遠ざける」と言われているようです。

詳細情報

住所愛媛県松山市由良町 興居島
一覧に戻る