• お問い合わせ
  • Facebook
興居島 島グルメ

祭り寿司

興居島の秋祭りを彩る「祭り寿司」

松山市高浜港の西2kmに位置する興居島は、美しい海と山そして砂浜と豊かな自然が溢れ、太陽の光と潮風をいっぱいに浴び濃厚で甘みがある柑橘に育ちます。
興居島の泊町で、島の食材をふんだんに使った料理を提供している方がいます。島の活性化に取り組むボランティアグループ「ごご島里山作りグループ」の山内カネ子さんです。ごご島里山作りグループは様々なイベントを開催、昼食に島の食材をふんだんに使った手料理を振る舞われます。

今回は「山内カネ子さん特製の祭り寿司」を紹介。船越の和気比売神社の秋祭りで催される「興居島船踊り」と小富士山ウォーキングのイベントの一環で、祭り寿司が提供されました。このようにイベントなどで頂く事ができる山内カネ子さんの手料理は、ある意味貴重です。

使われている魚介類は、全て島で捕れたもので漁師から直接買い付けた新鮮で旬のものです。寿司の上には興居島の特産でもあるタコと活きアジの刺し身が、やや甘口の酢飯と程よくマッチし、島のちらし寿司を堪能できます。
他のおかずも島ならではの食材が、様々な料理によって活かされています。松山の郷土料理でもある「いずみや」は、酢で締めたアジでおからを巻いたもの。忽那諸島で多く捕れるハマチは、穏やかな水面とは違い海流が激しく上品な脂が甘く爽やかな口当たりです。エビが上に乗っている「海そうめん」は綺麗な海で捕れる海藻で、もずくよりもやや太く、プリプリの食感とシコシコの歯触りで口に含むと潮の香りが広がります。また魚介の奥深い旨みたっぷりのダシを、麦みそで作り上げた味噌汁は香り豊かです。これらの料理は、地場でなければ味わう事ができない逸品となっています。

山内カネ子の島の料理教室は、興居島の食材をみんなに知ってほしいと始めた料理教室で、他にも伊予柑を使った料理やリクエストにも応じてくれます。

詳細情報

駐車場

関連ページ

● 周辺の見る・体験するスポット

一覧に戻る