• お問い合わせ
  • Facebook
怒和島 その他

索道(ケーブル)

みかん山で活躍する現役索道

かつては忽那諸島内各地で使われていた索道(ケーブル)で、農道が整備された現在では怒和島の一部でしかその姿を見ることが出来なくなりました。

索道はみかん山の高い所から積み出すために設置され、みかんの出荷時期にはみかんのコンテナを直接積み込む専用の船が運行されます。港にはそのためのクレーンなどの施設が整備されていますが、繁忙期にはフェリーに乗り切れないほど出荷があり、それほど島の柑橘生産が多いことがわかります。

詳細情報

一覧に戻る