• お問い合わせ
  • Facebook
釣島 自然・公園

釣島(つるしま)

柑橘栽培が盛んな島

ひょうたんのような形の周囲約2.6kmの釣島(つるしま)は、みかん・伊予柑・レモンなどが島の傾斜地に生産され、その時期には柑橘の香りと色鮮やかな黄色で染まります。また港周辺や島のあちこちにタコ壺がある光景はタコ漁の盛んなことを感じ、好漁場である島周辺には多くの釣人が訪れます。
もともと江戸時代には松山藩の放牧場で、江戸末期に興居島から人が移り住んだのを始まりに集落が形成されました。釣島の有名どころは「釣島灯台」で、イギリスより来日した「御雇外人教師」英国人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計により1873年に建築されました。日本の灯台で明治時代に建設されて現役が67ヶ所、そしてほぼ当時の姿を保っているのは釣島灯台のみという希少価値の高い灯台!!松山市有形文化財で、年3回内部が公開されています。

詳細情報

釣島へのアクセス:http://www.nakajimakisen.co.jp/

一覧に戻る