• お問い合わせ
  • Facebook

2012年8月〜2015年6月の約3年間「瀬戸内・松山食べ巡りプロジェクト」で、取材撮影をした編集部によるレポートです。
事業期間終了と共に運営変更に伴い、「瀬戸内・松山 しまめぐり」の事業では更新することはありませんので、ご了承いただきますようお願いします。

|その他

創業、昭和25年(1950)の小林商店さんへ行って来ました。

こちらは、某TVでも話題になった事がありますので知っている方もおられると思います。
私は、地産地消の目線から取材させていただきます。

小林商店

小林商店さんは昔からお餅屋さんとして半世紀以上製造してきました。その職人のこだわりと、なぜ「たまごバターもち」が有名になったのかを聞いてきました。
まず、餅の原料であるもち米を生産している早瀬さんは松山で作られているそうです。そのこだわりの銘柄はマル秘だそうで、昔から明かしてくれません。もちろん農薬も必要最小限に止めて、本当に美味しいもの、カラダに安心なものを食べてほしいそうです。そのこだわりは誰もが作れる生産物の枠をはみ出た早瀬さんと契約している小林商店さんとの長年の信用とあうんの間柄だから可能になっているんですね。

小林商店

その餅米で作った「たまごバターもち」が全国的に人気になっているのです。
お餅という和の素材が洋のスイーツになって新登場・・・から早半世紀!
今も新しい(!?)「たまごバターもち」は、初めての人もどこか懐かしい味で、食べるほどになごんでしまいます。

小林商店

小林商店

手作り「餅人のたまごバターもち」
楽天総合ランキング
楽天スイーツランキング
第1位受賞

小林商店

そのこだわりの米を杵と臼でお餅にした、ココでしか買えない「たまごバターもち」はどのようにして誕生したのでしょうか?
オーナーが幼少のころの昭和40年代、ご両親は夜明け前から仕事をしていました。その日常の中で子供たちの朝食はどうしても店のいなり寿司や巻き寿司などで代用していたのです。そのような生活の見ていたトキ子おばあちゃんが「孫たちがかわいそう!」ということで作り上げたのが「たまごバターもち」だそうです。もちろん販売などはしてません。ただ子ども達の間で美味しいとの評判がひろがり、口コミで近所の人達が買いに来たそうです。
そのたまごバターもちは製品になるまで、4日間かかるそうです。一日目は餅米を水に浸し、二日目に杵と臼でつき、三日目は冷蔵庫で休ませ、四日目に製品化されます。

小林商店

小林商店

確かに店構えも普通の小売店のような形態ではありません。奥の製造場では職人さんが忙しく立ち回っているのが見えます。そう!ここは製造工場なんですね。その製造工場の一角を小売に使用しているにすぎないのです。
この商品は、ロープウエー乗り場近くの「アート&カフェ港や」で、「たまごバターもち」と「もちショコラ」を実演販売していますから、一度味わってみてはいかがでしょう。

小林商店

また、店頭には、定番のお餅関連商品が販売されていました。種類は、いなり寿司や巻き寿司、柏もちや醤油餅などです。このいなり寿司は創業からずっと同じで作られてきたこだわりの味付けで甘すぎず、程よく詰められたお米の存在感とアゲの主張が絶妙な混じり具合でそれぞれの素材そのもののおいしさが生きているのに驚かされます。

小林商店

小林商店

常に、新商品の開発に余念のないオーナーのこだわりは、試行錯誤を繰り返しながらも、年に一つは新商品をつくっているそうです。今年の2013年は秋頃に新商品が出るそうなので、期待していてほしいとの事。残念ながら商品名は教えていただけませんでした。

小林商店

【小林商店】
住所:愛媛県松山市東雲町6-4
電話番号:089-921-5755
営業時間:月~金 9~17時/土・日・祝日 9~12時
定休日:第3日曜日
小林商店HP:http://www.rakuten.co.jp/mochibito/

一覧に戻る