• お問い合わせ
  • Facebook

2012年8月〜2015年6月の約3年間「瀬戸内・松山食べ巡りプロジェクト」で、取材撮影をした編集部によるレポートです。
事業期間終了と共に運営変更に伴い、「瀬戸内・松山 しまめぐり」の事業では更新することはありませんので、ご了承いただきますようお願いします。

|グルメ

マリヤ製菓

玉子をたっぷり入れて1枚1枚ていねいに焼き上げていく・・・創業昭和36年のマリア製菓は、昔ながらの手焼きを守り続けられています。

マリア製菓

70歳後半になる白石さんご夫妻で50年以上営まれ、松山の老舗として愛され続けている手焼きのせんべい。
ご主人が焼き始めると、7時間ずっと座りっぱなしです。「昔は和菓子なども全て手で作っていた。その時の味は、もう難しいかもしれないなあ。なぜって今は、なんでも機械になってしまった・・・そうそう、職人仲間の言葉で甘さがぼやけていることを『コシがぬけている』というのがある。この言葉をわかる人も少なくなって・・・だからうちだけは、手焼きはやめられないね」とご主人は語ります。また「野志さんが昔あるテレビで来たことがあった。市長になっても近くに来られると、足を運んでくれるのが嬉しい。」と奥さんは嬉しそうに話します。

マリア製菓

手作りせんべいは、木の容器にガラスの蓋の昔懐かしいケースの中にあります。昔はこのケースにバラで直接入って、計り売りしていたそうです。「亀ノ甲せんべい」が看板商品であるが、他にも手焼きせんべいも何種類かあります。

手作りせんべいは、木の容器にガラスの蓋の昔懐かしいケースの中にある

生地・焼き加減などの全てを、時間や季節の温度・湿度の違いに併せて調整しています。その技とこだわりが、口当たりがよく口どけよく、程よい自然な甘さの柔らかさを生み出しているのでしょう。職人の心意気と技のご主人と、内助の功で支え続けられた奥さんの2人で築かれたマリア製菓のせんべいは、愛情が注がれているのでしょう。

創業昭和36年のマリア製菓は、昔ながらの手焼きを守り続けられている。

マリヤ製菓は、ロープウェイ乗り場を超えて平和通に向かって行くと信号の手前右にある。店の入り口右側に置いてあるパンダが、目印です。

マリア製菓

【マリヤ製菓】
住所:愛媛県松山市西一万町7-7
電話:089-921-5740
営業時間:9〜18寺
定休日:日曜日

一覧に戻る