• お問い合わせ
  • Facebook

2012年8月〜2015年6月の約3年間「瀬戸内・松山食べ巡りプロジェクト」で、取材撮影をした編集部によるレポートです。
事業期間終了と共に運営変更に伴い、「瀬戸内・松山 しまめぐり」の事業では更新することはありませんので、ご了承いただきますようお願いします。

|イベント

オレンジに染めた海辺の野外映画祭

松山市大浦の長浜海岸で、9月20日・21日に野外映画祭「オレンジ・フェルム・フェスティバル」が開催された。
20日1100人・21日1300人、2日間で延べ2300人が来場し、映画祭並びに会場での催しを楽しんだ。

オレンジ・フェルム・フェスティバル

オレンジ・フェルム・フェスティバル

浜辺に300インチのスクリーンを設置し、日没をまつ。だんだんと夕日に変わって行く太陽は、最高のロケーションとなり待つ人の心を楽しみへと導き、そして星空のもと映画が上映された。20日は第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品「フラガール」(2006年)、21日は。行方不明になった少年を探しに4人の少年が冒険旅行に出かける不朽の名作「スタンド・バイ・ミー」(1986年)の2作。懐かしい作品にご年配層から松山在住の外国人まで多くの方が鑑賞し、素敵な時間を過ごした。

オレンジ・フェルム・フェスティバル

野外映画以外に、親子で楽しめるワークショプやキッズエリア開設・乗馬体験などもでき、子どもから大人まで楽しめる会場で思い思いの時を過ごしていた。また上映前にメインステージでのパフォーマンスやライブなどもあり、広島県出身のシンガーTEEや大洲市出身のフリースタイルフットボール世界大会元王者の徳田耕太郎が特別ゲストとして出演した。

オレンジ・フェルム・フェスティバル

オレンジ・フェルム・フェスティバル

オレンジ・フェルム・フェスティバル

オレンジ・フェルム・フェスティバル

オレンジ・フェルム・フェスティバル

会場の浜辺に設置された木の看板などが、粋で浜辺に調和し素敵な雰囲気を醸し出した。瀬戸内海に沈む夕日をバックに幻想的な時間を創り、まさに「オレンジ」フィルム・フェスティバル という言葉が当てはまった。

オレンジ・フェルム・フェスティバル

オレンジ・フェルム・フェスティバル

オレンジ・フェルム・フェスティバル

オレンジ・フェルム・フェスティバル

オレンジ・フェルム・フェスティバル

ORANGE FILM FESTIVAL ’14 〜浜辺の映画祭〜は、地域活性化を図ろうと県出身者と地元有志による浜辺の映画実行委員会が企画。“映画“というテーマを絞ったイベントを開催し、それに伴って自然の美しさなどの地元良さを改めて感じてほしいという想いである。今後、様々なイベントを愛媛で展開する予定である。

オレンジ・フェルム・フェスティバル

オレンジ・フェルム・フェスティバル

オレンジ・フェルム・フェスティバル

マルチコプターによる空撮動画はこちら(提供:浜辺の映画実行委員会):https://vimeo.com/106782247
ORANGE FILM FESTIVAL ’14公式サイト:http://beachfilmfes.com/

一覧に戻る