• お問い合わせ
  • Facebook

2012年8月〜2015年6月の約3年間「瀬戸内・松山食べ巡りプロジェクト」で、取材撮影をした編集部によるレポートです。
事業期間終了と共に運営変更に伴い、「瀬戸内・松山 しまめぐり」の事業では更新することはありませんので、ご了承いただきますようお願いします。

|イベント

愛がいっぱい「まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー」

松山市主催の「まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー」が、4月13日(日)~14日(月)の2日間にわたり東京タワー広場、タワー内部会場にて開催された。松山市・日本電波塔株式会社(東京タワー)主催、ジェットスタージャパン株式会社・JA全農えひめ・株式会社ビームス・(公財)松山観光コンベンション協会の協力である。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

4月14日が「オレンジデー」という記念日だということをご存知だろうか。これは、JA全農えひめが2009年5月に日本記念日協会に登録した記念日である。バレンタインデーやホワイトデーで贈りものをして愛を確かめ合った後、オレンジデーでは愛し合う2人がオレンジやオレンジ色のプレゼントを贈り合って、愛をさらに深める日として考えられた。オレンジは樹にたくさんの実を成らせる「繁栄」「多産」のシンボルであり、「花嫁の喜び」という花言葉を持つことから、愛のシンボルとされている。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

昼間は鯉のぼりが泳ぐ東京タワーであったが、夜はオレンジデーにちなんでオレンジ色にライティングされたのだとか。また成田・松山便が就航したオレンジが企業カラーの”ジェットスタージャパン”など、企業・団体とコラボした華々しい企画も会場にはあった。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

しかし、なんといっても今回の目玉もやっぱりこちら!
話題の、愛媛の都市伝説を再現した「蛇口からみかんジュース」!!またまた登場し時間制で無料配布されたが、毎回長蛇の列ができるほど大人気である。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

今回も松山から、坊ちゃんとマドンナが上京。初々しいおもてなしで、皆さんにみかんジュースを振舞ったり記念撮影にいそしんだり・・・

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

ゆるキャラの「しまぼう」も引っ張りだこであった。「しまぼう」とは、松山市島しょ部の「忽那諸島」をPRする島の観光宣伝大使である。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

みかんジュース蛇口は、どうやら注ぐこと自体も楽しそうであった。アトラクション気分なのであろうか。蛇口からみかんジュースが出てくると歓声が上がったり、お互いにその様子をスマホで撮影しあったりとみんな楽しそうであった。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

小さなお子さんも「自分でつぎたいの!」と、一生懸命蛇口をひねっていらして可愛かった。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

そして一口飲んで、冷たくて甘くて濃厚。「おいしい!!」ともう、この笑顔!見ている私もうれしくなるほどの笑顔をいただいた。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

来場してくださった方の数グループに声をかけてみた。近所からたまたま東京タワーに遊びに来たというファミリーや、ネットでこのイベントを知り「蛇口からからみかんジュース」を目当てに来たという年配母娘の2人、愛媛出身のご主人がえひめの情報メールでオレンジデーイベントを知り訪ねてみたという埼玉の家族などなど、きっかけはいろいろ。
しかし誰もが愛媛、松山の魅力にふれ、笑顔でこのイベントを楽しむ様子が印象的であった。
オレンジの持つ愛のパワーが、東京タワーというパワースポットでさらに倍増されたのかもしれない。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

みかんジュース蛇口体験とは時間をずらして、松山産みかんを指定時間に先着で配布するブースもあった。もちろんこちらも大盛況!2014愛媛いよかん大使の竹林麻菜未さん自らが、来場者にデコポンと清見(きよみ)のセットを各回180人に手渡しで配布した。デコポンは上部のポコっとしたでっぱりが可愛く、清見はとろけるような食感で、ジューシーさが特徴。ちょうどこの時期が出荷時期である。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

オレンジと一緒に、道後オンセナート×BEAMSの布製バッグも先着でプレゼントがあった。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

他にはオレンジを使ったスイーツの販売や、「アートにのぼせろ」を合い言葉に日本最古の温泉街”道後”で、2014年4月10日〜12月31日まで展開される最先端アートフェスティバル「道後オンセナート」の紹介などもあった。道後温泉本館がプロジェクションマッピングできらめく姿や、道後エリアのホテル・旅館の一室がアート作品として生まれ変わった姿・・・ぜひ私も期間中に松山へ行き、見てみたいと思ったほど魅力的であった。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

また3階のマザー牧場のスイーツカウンターでは、まつやまオレンジデーイベント会期中の3日間限定で、「松山オレンジパフェ(580円)」が登場していた。マザー牧場のソフトにかかっているのはオレンジジャム、下には愛媛産のフリーズオレンジ、カットオレンジ、そしてオレンジゼリー、ミルクプリン、シリアルが入っているまさにオレンジづくし!
酸っぱいのかしら?と思いながら食べると、使われているのは愛媛が誇る清見タンゴール。絶品の甘さで口の中でとろけた。期間限定なんてもったいないパフェ、と思ったぐらいであった。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

そして広場では、ゆるキャラ「しまぼう」「みきゃん」「ゆだまん」たちとの野球拳じゃんけん大会もあった。ゆるキャラたちはやっぱり人気の的!大勢が集まり、場も大盛り上がった。坊ちゃんとマドンナの掛け声で、みんなで踊って笑って、じゃんけんホイ!白熱したじゃんけんの末、優勝した女の子には、中島のおいしいオレンジジェットスターのジェッ太のぬいぐるみなどがプレゼントされた。

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

「まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー」、集客数は1日目が3,000人、2日目が1,000人の入場と大盛況であった。レポーターの私もオレンジはじめ瀬戸内スイーツ・アートや温泉・お遍路さんにも興味津々であり、ぜひ近々松山に飛び立とうと計画中である。
ちなみに首都圏から松山へ行くには、JAL・ANA・ジェットスターで1時間半ほど。ガイドブックをめくっていたら着くような距離である。
「みんな、松山においでやぁ!」

まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー

※撮影記事:瀬戸内・松山食べ巡りプロジェクトサポーター千野

東京タワー「まつやまオレンジデー2014 in 東京タワー」:http://goo.gl/0z15IW

一覧に戻る